講師 かわかみ ひろひこ


カラダの使い方のメソッドであるアレクサンダ-テクニークを2003年より、主に演奏される方に教える。

 

『実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック』2019年

実力が120%発揮できる!緊張しない からだ作りワークブック』2022年ともにヤマハミュージックエンタテインメントホールティングス刊の著者。

受講いただくことによる効果


1年間ご受講いただくことによって、次のような効果が期待できます。




カラダや演奏の仕組みが分かる


講座を受講されることと日々の実践によって、カラダの仕組みや演奏の仕組みが理解できるようになります。

演奏の技術が上がる


ご自分の癖(くせ)を減らして、練習を重ねることによって、演奏の技術が上がります。

指導力が上がる


生徒さんの助けになる存在力がつき、観察力があがり、技術も確かになるので、指導力が上がります。

Example Curriculum

  はじめに
利用可能
日 あなたが登録した後
  視野の広さを調整して、バランスが自動的に取れるようになる。
利用可能
日 あなたが登録した後
  目の疲れを取る
利用可能
日 あなたが登録した後
  頭を左右に動かす動きを楽にする
利用可能
日 あなたが登録した後
  腕を上げたり下ろしたりする動きを楽にする
利用可能
日 あなたが登録した後
  上腕を外旋・内旋するときの肩・肘・腕を楽にする
利用可能
日 あなたが登録した後
  前腕を回内・回外するときの肩・肘・腕を楽にする
利用可能
日 あなたが登録した後
  立甲(りっこう)と立ち立甲
利用可能
日 あなたが登録した後
  踏み込みによる揺腕(ようわん)
利用可能
日 あなたが登録した後
  練習量を増やしたら、腕が疲れる
利用可能
日 あなたが登録した後
  頭を上に傾けたり、下に傾けたりする動きを楽にする
利用可能
日 あなたが登録した後
  食事をするときの噛む方向は。上か下か?
利用可能
日 あなたが登録した後
  インヒビション-私たち自身に余裕を与える
利用可能
日 あなたが登録した後
  頭部と背骨の関係
利用可能
日 あなたが登録した後
  速いパッセージを演奏しやすくする-胴体の方向
利用可能
日 あなたが登録した後
  まりつき-脇の下の押し下げを防ぐ
利用可能
日 あなたが登録した後
  腕の動きを改善するすり足のワーク
利用可能
日 あなたが登録した後
  ランジ
利用可能
日 あなたが登録した後
  胴体と腕と脚を調整する半身(はんみ)から半身(はんみ)の切り替え
利用可能
日 あなたが登録した後
  胴体と腕と脚を調整する一重身(ひとえみ)のまま向きを変えずに歩く
利用可能
日 あなたが登録した後
  左右半身の使い分け
利用可能
日 あなたが登録した後
  全身の筋肉を解放する(立って行う)
利用可能
日 あなたが登録した後
  股関節のボディマッピングと腰痛対策
利用可能
日 あなたが登録した後
  足首の動きを楽にする
利用可能
日 あなたが登録した後
  足の骨のボディマッピング
利用可能
日 あなたが登録した後
  横たわって行う手順(建設的休息)
利用可能
日 あなたが登録した後
  横たわって、ずりずりゴローン 肩甲骨周辺を解放する手順
利用可能
日 あなたが登録した後
  横たわって、ラセン方向に指先に向かって解放する手順
利用可能
日 あなたが登録した後
  横たわって、首や肩や腰や股関節を解放する帯ストレッチ
利用可能
日 あなたが登録した後
  7層のボディマッピング
利用可能
日 あなたが登録した後
  毛様体から分泌される眼房水のプロセスに注意を向けて、表現したいことにより繋がる
利用可能
日 あなたが登録した後
  耳栓で聞こえ方と出音を変える
利用可能
日 あなたが登録した後
  蚊の鳴くようなハミング?で、聴こえ方と出音を変える
利用可能
日 あなたが登録した後
  ワークに使える解剖学・運動学・生理学
利用可能
日 あなたが登録した後
  ソマティック心理学系のワーク
利用可能
日 あなたが登録した後
  武術 合気っぽい遊び
利用可能
日 あなたが登録した後
  アレクサンダーテクニークの7つの原理
利用可能
日 あなたが登録した後
  大事な場面で実力が発揮できないのはなぜか?-ポリヴェーガル理論の紹介
利用可能
日 あなたが登録した後
  現代催眠の基礎
利用可能
日 あなたが登録した後
  アレクサンダーテクニークの参考になる本
利用可能
日 あなたが登録した後

Choose a Pricing Option

Example Image with Text


Use this Image with Text block to balance out your text content with a complementary visual to strengthen messaging and help your students connect with your product, course, or coaching. You can introduce yourself with a profile picture and author bio, showcase a student testimonial with their smiling face, or highlight an experience with a screenshot.